« 07月19日(土)の断片 | Main | 07月21日(月)の断片 »

07月20日(日)の断片

▼収録を一ヶ月後に控えたスペシャルの臨時会議。資料を見ながら大まかな方向性を決めていく。決してこの手の会議は嫌いじゃないのだが、数年前と大きく異なるのは、より“今の”視聴者を意識してるところ。これまでは作り手がきちんとこだわりと情熱をもって筋を通して創ればそれなりに数字はついてきたが、今は違う。そんな現状に腹立たしさを覚えずにはいられないが、幾ばくかの希望を持って、今は臥薪嘗胆▼夜、仲間内とブルーノート東京へ。ジャズヴァイオリン奏者のレジーナカーターのステージ。これまでヴァイオリンは好んで聴く楽器ではなかったが、彼女の演奏を聴いてその趣向を改めざるを得なくなった。こんなにリズミカルなヴァイオリンは初めて。激しく弾むように弾いたかと思えば、かすかな音で静かに弾くという超絶テク。あんなに小さな音を奏でられることに驚く。言ってみれば、米細工を初めて見た時のような驚きだった。それにしてもヴァイオリンがこんなにも表情豊かな楽器だったとは知らなかった。自分の無知を恥じる▼関係ないが、間違って入店したと思われる酔っ払いが演奏中に暴れるというハプニングが。その様子をメンバー一同、気にしながらの演奏はある意味、貴重な光景。ただ、会場の空気は一瞬にしてシラけたけど▼あまりの感動に、早速、手に入れた彼女の作品『I'll be seeing you : a sentimental journey』もスタンダードナンバーをアーティスティックに料理した名盤。好きな女性ボーカリスト、ディーディーブリッジウォーターもゲスト参加していて、嬉しい。

« 07月19日(土)の断片 | Main | 07月21日(月)の断片 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 07月19日(土)の断片 | Main | 07月21日(月)の断片 »