« 06月17日(火)の断片 | Main | 06月19日(木)の断片 »

06月18日(水)の断片

▼人事異動の時期。放送作家には関係ないようで、実は間接的に影響はあるのだ。中京テレビの若きエース(と言っても30歳後半か)が東京を離れることに。彼とは『あんグラ』『サルヂエ』など約10年近くタッグを組んでずっと仕事をし続けてきた。思い返せば、初めての仕事は正月特番。生放送にも関わらず“浣腸ガマン大会(マジで肛門に浣腸して水を入れ、どれだけ我慢し続けられるかを競い合う、下品極まりない対決)”を面白いという理由だけで実現。その時の「上から怒られても特番だから大丈夫ですよ」という姿勢にしびれたものだ。おそらく当時は“東京の作家になめられたくない”と、無茶な企画でも何とか実現してやろうと思っていたのだろうが、以来、どの番組でも幾度となく上層部とぶつかりながらも現場を優先させようとする姿勢は貫かれていて、そこには出世のために番組をつくるような下心は当然ない。会社員なのに。この春からもまた一緒に新番を立ち上げ、なかなか軌道に乗らず四苦八苦していた最中の異動。元々は彼の企画なので何としても成功させなきゃと決意を新たにする。が、担当回のナレーション書き、途中で爆睡▼さらに他のいくつかの番組でも人事異動。これが番組にとって吉と出るか凶と出るか。ただひとつだけ言えることは、確実に流れを変えるキッカケにはなる。これを機に上向きに転じさせねば▼高須さんが監督した『賽ノ目坂』を観る。状況設定が自分好みなのでとても面白く観た。さらに三谷さんの『ザ・マジックアワー』も。三谷映画に出るとどんな役者も演じ方が“喜劇俳優”になってしまうのがすごいが、そのからくりが知りたい。そういえば、高校時代の同級生でもある劇団員のいんげんが出てたはずだが気付かなかった。あいつ、一体どこに出てたんだ?▼会議がいくつも急遽休みになったので、渋谷のタワーレコードに立ち寄り、CDを独身貴族買い。またしても買い過ぎてしまったが、このために仕事をしていると言っても過言ではないので、よしとする。

« 06月17日(火)の断片 | Main | 06月19日(木)の断片 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 06月17日(火)の断片 | Main | 06月19日(木)の断片 »