« 06月16日(月)の断片 | Main | 06月18日(水)の断片 »

06月17日(火)の断片

▼タクシーの運転手が空を見ながら「これはひと雨きそうですね」と話しかけてきた。そこまではよくあること。問題はその後に言い放った根拠。自分だけが判るといった感じで言う。「こんな感じで空が暗くなってくると大抵、雨が降りますから」。それは誰もが知っている▼信号待ちをしている車の中の女性が思いっきり頭を掻いていた。その掻き方が尋常じゃないので、つい見入ってしまったが、さらにその手を鼻に持って行き、指の一本一本を確認するかのように嗅いでいる。車の中とはいえ、あまりにも無防備過ぎる▼新人作家は大抵は会議の空気に飲まれ、殆ど発言しないということは今に始まったことではないが、それは“慣れ”というよりは、経験から蓄積される“自信”があるか否かに拠る。そんな中、ある会議で新人作家が突然のブレイク、発言しまくりでぐいぐい会議を引っ張っていった。議題は“熟女”について。彼はその手の風俗に通い続けている根っからの“熟女”マニアで、その経験が自信をもたらしたのだ。新人作家はどんなことでもいい、自分の得意分野を持つことだ。ちなみに、会議終盤はあまりにも彼が“ホンモノ”なので、若干空気が引き気味。そこがやはりまだ新人。出し具合がコントロール出来なかった。

« 06月16日(月)の断片 | Main | 06月18日(水)の断片 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 06月16日(月)の断片 | Main | 06月18日(水)の断片 »