« 05月02日の断片 | Main | 05月04日の断片 »

05月03日の断片

▼会議後、スタッフで飯。その流れで、飲みに。午前3時を過ぎてそろそろお開きかという時に、最近、音楽に目覚めたというP(37歳・バツイチ)が、ビートルズの素晴らしさを熱く語り出した。音楽に目覚めたというのは、別にバンドを始めたとかハイエンドオーディオを始めたとかではなく、ただ単に“音楽を聴き始めた”というだけ。これまでの人生、まったく音楽には興味を示さず、スルーしてきたというのだ。だからこの男、音楽に関しては恐ろしいまでの無知。そんな音楽処女の耳に、ビートルズが突き刺さったという訳だ。しかし、この歳になって「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド がとにかくスゴイんですよ!知ってます?」と切々と語られても困る。何故なら、もう高校時代に散々やってきたからだ。みんなでそう言うと、「え?高校ん時にもう聴き終えてるものなんですか!?」と驚くのでかなりのアホである。しかも「ポールマッカートニーとジョンレノンの2人が同じバンドに居合わせたことって奇跡だと思うんですよ!」と判ったことを言うので、「ミックジャガーとキースリチャーズとか、天才が二人居合わせることはそう珍しくない」と反論すると、「誰ですか、それ?」と、ストーンズを知らない。ストーンズどころか、ボブディランもディープパープルもツェッペリンもドアーズもクリムゾンもクラプトンもイーグルスもクイーンもベイシティローラーズもアバも、音楽を語る上で欠かせない有名なミュージシャンのことをことごとく知らないのだ。が、あまりにも知らないと不思議といろいろ教えたくなるもので、音楽バカの鮫肌文殊もいたこともあり、延々、その音楽無知男に低レベルなレクチャーをし続け、終わってみれば、すっかり朝。店を出るとうっすらと明るい。こんな不毛な話で夜を明かすなんて、大学生か。その時間の遣い方に軽くショックを覚え、帰路につく。

« 05月02日の断片 | Main | 05月04日の断片 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 05月02日の断片 | Main | 05月04日の断片 »