« 04月23日の断片 | Main | 04月25日の断片 »

04月24日の断片

▼何で手拍子をしたがるのか。ブルーノート東京のダイアンシュア・ライブに行って来たのだが、シュアが歌うとすぐに手拍子をする客がいる。お前らの楽しんでますアピールは要らない。手拍子で彼女のスイングが崩れることを何故わからんのか。ま、サングラスをかけたシュアが男性に手を引かれて登場したのを見て、「え?目が見えないの?」とざわついてた連中だ。別にシュアのファンじゃないのだ。店の雰囲気のファン。ジャズファンではなく、ジャズの雰囲気のファン。別に手拍子をしながら楽しむのは悪いことではないが、その手拍子のリズムが微妙にズレたりして、明らかに彼女が歌いづらそうにしているのを察してあげないと。楽しむのはいいが、邪魔をするのはまずい。カーテンコールも、盲目なので他のミュージシャンがするように、一旦ステージを去ってから再度出てくるというようなことはせず、ステージ上で挨拶して一度区切りをつけてから、拍手を受けたカタチでアンコール演奏を行っていた。なのに、それを理解していない客は、彼女がステージをはけてからもずっとリズミカルに“アンコール拍手”を続けていた。その数と“アピール手拍子”の数はほぼ同じ。空気が読めない連中。何故、そんな人たちがいるのか不思議でしょうがない。何だかとても哀れな気分になってしまった。尻上がりに熱を帯びたいいステージだっただけに、そんなことがとても気に障ったのだった。

« 04月23日の断片 | Main | 04月25日の断片 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 04月23日の断片 | Main | 04月25日の断片 »