« 04月19日の断片 | Main | 04月21日の断片 »

04月20日の断片

▼午前10時にホテルをチェックアウト。同時にレンタカーを借りて、本日も巨大仏巡り。福岡県には2体もある。まずは、福岡県篠栗町の「南蔵院」という寺に平成7年に建立された“涅槃像”。資料によると、高さこそ11メートルと低いが、横になった身の丈は41メートルと巨大仏の定義をクリアしているので写真に収めにいく。博多から車で約40分。周囲が山間の景色に変わり始めた頃、前方に何やら強烈な違和感。涅槃像の頭だ。いきなり、頭頂部だけがぬっと現れた。思いもよらない光景に、大興奮。路肩に車を停め、この奇妙な感じを写真に収める。近くに桜があったので、昨日に引き続き、桜を絡めた写真も▼さらに車を走らせ、南蔵院に着いた時には、木々や建物に隠れて涅槃像の姿はまったく見えなくなっていた。がしかし、いつ、ぬっと現れるか知れない。巨大仏というのは、まるでこっそりと隠れていて、ワッと驚かすように不意を突いて現れる。だから、怖い。辺りを見回しながら歩いていると、歩道橋の下に「涅槃像コース」という看板を発見。ここを渡れば、涅槃像の元に行ける。そう思い、階段を上がった瞬間、これまた予想だにしなかった光景に遭遇。今度は顔だけ。近づいてくる者を覗き込むようなその様子に一瞬ぞっとした。この感じ、最高。ファーストコンタクトを二度、経験したような得した気分▼南蔵院に入り、案内に従い階段を上がっていくとそこにはゆったりと横たわる涅槃仏が。これまで立っている巨大仏しか見てなかったが、これはこれで異様な感じ。タイで見た涅槃仏よりも遙かに大きく、リアル。大体、タイの涅槃仏は建物の中だったが、この涅槃像は屋外だ。優雅さが違う。様々なアングルから写真を撮りまくり、その後、参拝。順序、逆だったか。ちなみに、これは大仏様の足の裏。思いっきり扁平足。

▼続いて向かったのは、久留米市上津町の成田山久留米分院。その場所に建立されてるのが、九州で最も高い巨大仏、救世慈母大観音。全長62メートル。これまで見た3体の中では最も高く、いやが上にも期待感が高まる。九州自動車道を走り、久留米インターを下りて、約20分。街中を走っていると、唐突にその姿が視界に飛び込んできた。セブンイレブンの背景に巨大仏。この異様な取り合わせに興奮。こんな街中にあるパターンは初めて。その違和感に満ち溢れた光景は堪らない。リンガーハットと巨大仏。さらに、ブックオフと巨大仏。そして、お寺に近づくとこの上なく異様な光景が。これまで見た巨大仏の中では最も白く、最も違和感ある佇まい。あまりの不気味さに写真を撮るのも忘れてしばし見とれてしまった。今のところ、心のベストテン、ナンバーワンはこの救世慈母大観音だ▼寺に入り、拝観料を払って大観音が建つ敷地へ。間近で見ると白さも際だち、見惚れる美しさ。赤ちゃんになりたい。で、慈母大観音の中へ。胎内回帰。が、62メートルもの高さ、最上階(首の部分)まで昇るのも一苦労。汗だくの胎内回帰。でも、そこから覗く下界の眺めは最高。鳩が来なければ開けっ放しにしてずっと涼んでいたかった▼下界に戻り、周辺を散策。と、観音様の足下に幼稚園を発見。こんな所に通う子供はどんな子に育つのか。自分だったら泣きわめいて絶対にこんな場所には来ない。幼い頃、ちょっと大きな着ぐるみの人形とか大仏などがひどく怖かった。保育園のイベントでガチャピンみたいな着ぐるみ人形が来たことがあったが、恐ろしくて1人ずっと泣きながら近づこうとしなかった記憶がある。今も巨大仏を見ていると、必ずその時の記憶が蘇る▼夕方、お寺を後にして一路、福岡空港へ。帰路は虚しい。その虚しさから思わず「何でこの歳になって1人でこんなことしてんだろ」と自虐的になっていたら、FM波で飛ばしていたiPodからマイケルジャクソンの名曲が流れ始めた。「YOU ARE NOT ALONE」。大きなお世話だ。てか、恐ろしいタイミング。あるいは、九州の観音様たちの代弁か。だとしたら、怖い。

« 04月19日の断片 | Main | 04月21日の断片 »

Comments

見応えのある写真の数々に、ただただ圧倒されました。
大仏という存在は、
人の冒険心を駆り立てる要素を内包しているのかも知れませんね。
先日、「富山の高岡大仏コロッケ キトキト昆布入り」というものを、
冒険心を持って食べました。
他のコロッケ達とは一線を画す巨大さで、
そのボリューム感も含め、とても美味でした。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 04月19日の断片 | Main | 04月21日の断片 »