« 03月29日の断片 | Main | 03月31日の断片 »

03月30日の断片

▼マチネ。客席で観ていて、激しく涙腺が弛む。40歳を越えてんのに。演出なのに。ようやく大きな課題のひとつが解決。ホッと一安心▼そして、ソワレ。もう1つ、積み残しの課題がクリア。芝居は稽古場だけで創り上げるものではないので、劇場入りしてからもどんどん自ずと変化していく。そういった意味では、観客も芝居をつくる重要な要素。この作品、ようやく目指しているカタチの8割ぐらいは出来てきた。ただ時間が経てば出来るというものでもなく、逆に時間が経って壊れていく部分もあるので難しい。さて、残る課題をどう解決していくか▼終演後、劇場近くの居酒屋でスタッフ&キャストで中締め的な打ち上げ。とは言っても、今回のキャストは若い。10代の連中はペブシで参加。と、そんな若い子たちがいる居酒屋のレジ前に落とし物を発見。最初はただの紙切れかと思ったが、どうも見覚えのあるカタチ。で、近くで見てみるとやっぱりそうだ。おそらく会計する時に財布から落とした客がいたのだ。てか、財布に入れてるなんて、高校生か

« 03月29日の断片 | Main | 03月31日の断片 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 03月29日の断片 | Main | 03月31日の断片 »