« 03月13日の断片 | Main | 03月15日の断片 »

03月14日の断片

▼ユニバーサルミュージックで天才ジャズピアニスト、山中千尋さんの取材。今度、自分の番組にゲストとして出て貰うのだ。今、地上派で彼女のような人材が出るような番組は、たとえ深夜でもなかなかない。どこもかしこも同じような顔ぶれ。何の刺激もない。昔はサブカルな匂いがする番組が沢山あった。放送作家の大先輩、景山民夫さんがホストを務めてた「クリティクス」なんて対談番組はホント好きだったなぁ。話が逸れた。そんな訳で、「R30」というちょっと特殊なトーク番組(だからあまり数字はよくないんだけど)にその天才ジャズピアニストが出演してくれることに。それを許可してくれたプロデューサーも偉い。ま、殆ど自分がゴリ押ししたんだけど。彼女はルックスで人気があると思われがちだが、とにかく凄いのは、変拍子と独特なアレンジで奏でるオリジナリティ溢れる楽曲とパワフルな即興演奏だ。取材してみると、想像通り、天才ならではのカオスな話しっぷり。たっぷり2時間、至福の時を過ごす。個人的にはもっとジャズピアニストとしてのディープな話を聞きたかったのだが、自分がやってることを言葉数多く語るのは凡才の常。やはり天才は自分の音楽についてはなかなか語ろうとしない。何故なら、作品がすべてを語っているからだ。ま、その前にテレビ番組の取材でそうディープにジャズのことを語ってもしょうがないのだけど。収録当日は生演奏もしてくれることになり、貴重な放送になりそうだ。勿論、観に行くつもり。そういえば、彼女は今年、過去に数々の天才たちが受賞している「日本ジャズ大賞」を受賞(ま、世間的にはあまり知られてない賞だけど)したが、それに留まらずさらなる世界的なジャズピアニストになるはず。取材後、一番の愛聴盤にサインを頂く。役得。

« 03月13日の断片 | Main | 03月15日の断片 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 03月13日の断片 | Main | 03月15日の断片 »