« 03月11日の断片 | Main | 03月13日の断片 »

03月12日の断片

▼信頼する鍼灸師の先生に、今回の怪我のことを伝え、鍼を打って貰う。「完全に痛みが引くまで3週間はかかりますよ」と言われたが、深夜になってグッと痛みが薄れてきた。ものスゴイ回復。なぜなら昨日まで出来なかったことが可能になった。それは、鼻をかむこと。鼻がかめる喜びをかみしめる▼本日も稽古。稽古を始める前に演出助手として助けてくれている年長者2人と問題点について話し合い、ヒントを得る。共通言語を持つ人がいるとホント助かる。本番まで約2週間。間に合うか▼稽古後、特番の会議。とはいっても『劇的ビフォアフター』。秋に向けての物件打ち合わせ。そういえば、来月に同番組の放送がある。いつか忘れたけど。

« 03月11日の断片 | Main | 03月13日の断片 »

Comments

安心しました。
ブログから、痛々しさの臨場感が非常に伝わってきて、
とても気がかりでしたので。
あれほどの痛みが、だいぶ軽減されたなんて、鍼とはスゴイものですね。
私も胸部を打撲した事があるのですが、
じっとしているだけでジンワリ痛いのに、
胸筋、腹筋、背筋が、いかに連携して、日常、働いてくれているか、
そしてそんなシーンが多いか。むしろ、そんな動きばっかりか。
痛みが走る度に認識させられました。
そんな大変な中での、お仕事お疲れ様です。
どうぞ、ご無理なさらずに。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 03月11日の断片 | Main | 03月13日の断片 »