« 03月09日の断片 | Main | 03月11日の断片 »

03月10日の断片

▼依然として激痛の日々は続く。昨日の深夜、懸命に止めようとしたが、ついクシャミをしてしまい、激痛に襲われ、悲鳴をあげる。クシャミで、悲鳴。字で書くと、へックション!アァァァァァァァァァァァァ!ま、わざわざ字にする必要もないんだけど。にしても今回、身体に湿布を貼る時が大変。胸部はいい。問題は背中。1人で背中に湿布を直貼りするのは不可能だ。で、考案したのがこの方法。あらかじめビニールをはがした湿布をベッドに置き、背中の患部の位置を確認しながらゆっくり仰向けに寝るのだ。あとははがれないよう、湿布が貼り付いた患部をさらにベッドに押しつけて完成。但しこの方法にはひとつ弊害がある。それは、貼った後で無性に虚しくなるということ。湿布を貼っても、一人▼今、演出している舞台に出演する日本舞踊・花柳流の御曹司、花柳創右君のご両親から「カバタケ茶」を頂く。ビタミンCが豊富な貴重なキノコから抽出したものらしく、一本、三百円以上もするとか。飲んでみると何だか身体にいいような気がする。勘だけど。有り難く毎日摂取させて頂きます。

« 03月09日の断片 | Main | 03月11日の断片 »

Comments

本当に痛そうですねthunderお気の毒です・・・早くよくなりますように。

こんなものがあるみたいですよ↓。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/honest/20943.html

気分的な虚しさは・・・(汗)。
でも気兼ねすることなく張れるそうです。
(あ、「気兼ねする」ってことは誰かがいるって
前提ですね;;)

どうぞお大事に。

心配で訪れたのですが……すいません。

爆笑してしました!(笑▽笑)

でも、ひとりじゃない時に行う”背中ペッタン”の方が、
案外虚無るかもしれませんね♪

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 03月09日の断片 | Main | 03月11日の断片 »