« 01月05日の断片 | Main | 01月07日の断片 »

01月06日の断片

▼その手の文献によると、日本に名だたる巨大仏は十六体あるらしい。子供の頃、高岡の大仏(奈良ではない。富山県には高岡大仏というものが存在する)を見て以来、あの大きな仏像を目の当たりにした時の何ともいえない独特な感覚は今もずっと変わらずにあるのだが、同様にその得体の知れない気持ちが原動力となり全国の巨大仏を巡回して本を書いた人までいて、4、5年前にその本を読んで自分も是非そんな十六体すべてをこの目で見てみようと思い立ったのだが、いつの間にかすっかり忘れていた。それが今日、ぶらりと行った鎌倉(お年寄りで溢れかえっていた)の帰り道、突如として現れた大船観音を目にして思い出した。巨大仏が見たい。今年は巨大仏を見にいこう。この大船観音だけでもこんな妙な気持ちになるのだから、これ以上の巨大仏を見たらもう何だかよくわからない気持ちになるに違いない。楽しみだ。という訳で、本日から「巨大仏の断片」をカテゴリーに加えることに。

« 01月05日の断片 | Main | 01月07日の断片 »

Comments

母の実家がある山形へ向かう途中に、大きな大仏(観音)のような石像が建っています。
場所は、新潟県胎内市の国道113号線です。
『越後の里 親鸞聖人像』という、石像です。
高さ40m。
宗教法人らしい建物の中にあるそうです。
外観はかなりあやしいのですが、石像が目立ちます。
毎回通る度に、手を合わせてご利益があるように願っています。
 

淡路島を旅行した際、車中から、巨大な観音像を見かけた事を思い出しました。
「世界平和大観音像」というそうです。
見たのが夜だったせいか、突然、ぽっかりと目前に出現した観音像に、
今、自分の居る世界を揺るがされるような畏怖を感じました。
自分の常識が通用しない異世界に迷い込んでしまった様な。
「大きさ」が人に与える力。それを作ろうとする人の意志。
だんだん興味が湧いてきました。

巨大仏なら牛久の大仏はかかせないと思います。
自衛隊の秘密基地が中にあるとかいろいろ噂が出るほどスゴイ存在感です。

↓牛久の大仏
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%9B%E4%B9%85%E5%A4%A7%E4%BB%8F

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 01月05日の断片 | Main | 01月07日の断片 »