« 10月13日の断片 | Main | 10月15日の断片 »

10月14日の断片

▽本多劇場にて毛皮族『おこめ』を観劇。終演後、町田マリーさんに挨拶。年内もう一本舞台が残っており、それが今年8本目だとか。売れっ子。かくいう自分も今年5本目となる劇団本公演が12月にある。そろそろ準備し始めないと▽敬愛するジャズピアニスト、キースジャレットの新譜(と言っても録音は2001年)『MY FOOLISH HEART』が素晴らしい!これまでのどの作品も傑作揃いだが、今作はイイ意味で意外性のあるアルバム。キース自身もライナーノーツに書いてるが「最もメロディックに、スインギーに」演奏された作品。まさかキースがラグタイムを弾くとは。ジャズ入門者にもオススメ。さらに、細野晴臣の新譜『FLYING SAUCER 1947』も自分好みで嬉しい。ノラジョーンズやスプリングスティーンもカントリーフォークのアルバムを出してるけど、これもまたそっち系。これも人生の愛聴盤仲間入り。

« 10月13日の断片 | Main | 10月15日の断片 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 10月13日の断片 | Main | 10月15日の断片 »