« 9月2日の断片 | Main | 9月4日の断片 »

9月3日の断片

▽会議の合間に、特番収録。賞金総額が一千万円。しかも取っ払い(その場で手渡し)という設定なので、スタジオには一千万円の現ナマが。こんな札束の山、初めて見た。この特番、ちょっとしたいわく付きで、Pの執念で実現されたもの。是非とも数字が欲しい▽その後、『本当は怖い家庭の医学』のスタジオ打ちへ。本日からドイツの大学の医学部出身のADが参加。さすが医学部を出てるだけあって医学用語にも詳しい。このまま番組が続くとこの制作会社、きっと病院になる。今日も会議室に普通の病院にも置いてない切除手術の最新機具が用意してあった。止血しながら切除できる画期的なメス。それを使って手術のシミュレーション体験。気分は医大生▽すべての会議を終えて、深夜、帰宅し、ほぼ徹夜状態で、特番の収録台本を書く。実際に書いてみると詰め切れてない部分が多く、書き進めるにつれ、不安感が募ってきて。大丈夫なのか。

« 9月2日の断片 | Main | 9月4日の断片 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 9月2日の断片 | Main | 9月4日の断片 »