« 8月25日の断片 | Main | 8月27日の断片 »

8月26日の断片

▽午前中、一本仕事を済ませ、劇場入り。この一週間、同じパターン。でも今日で終わり。楽日▽マチネ。杉崎真宏さん×メイサツキさん×なすびさん。稽古の時と違って男がやや暗い。いかに単細胞を演じるかがこの役の難しさ。逆に、女は稽古時の演出通りに作り込んできて素晴らしく。クライマックスの苦情ではちと心震わされた▽終演後、ソワレまでの空き時間を紀伊國屋書店で過ごす。これまた久々に本をまとめ買い。この2ヶ月、好きな読書や映画にまったく触れてない。読みたい本、山積み▽ソワレ。蓉崇 さん×鳥居かほりさん×松野太紀さん。声優の松野さんのキャラクターの演じ分けに感服。千秋楽は笑いの絶えないイイ舞台で幕を閉じることが出来た▽終演後、観に来てた劇団員たちと久々にご飯。ホームグラウンドな雰囲気が楽しく▽ということで、七月から始まった怒濤の外部公演がすべて終了。この1ヶ月半に対した役者さん、総勢51人。スタッフ含めると約70人の初対面。人見知りが少し改善された気もするがたぶんしばらくするとたぶんリセットされる。とにかく初めはどうなることかと思っていたが、何とかなるもんだ。でも、疲労困憊。

« 8月25日の断片 | Main | 8月27日の断片 »

Comments

 コメントが遅れました。中野さんの朗読劇は3月に紀尾井町ホールで行われた「語り女たち」以来、2回目です。

 26日の『苦情の手紙』昼の部を観劇しました。
自分が観たのは、杉崎さん×メイさん×なすびさんの舞台、良かったです。
公演前、すごい眠気に誘われてしまい、舞台が始まると同時にメイさんの迫力ある声に驚き、眠気を吹き飛ばしてくれました。
杉崎さんは昔、コンビを組んでいたのは存じています。
テレビで何度か拝見し、帰り際のロビーで、観客の皆さん一人一人に優しくて気持ちよかったです。

 なすびさんは、中野さんが以前日テレ系でやっていた「電波少年」の構成作家時代に、『なすびの懸賞生活』で有名になったし、生なすびに会えてうれしかったです。
懸賞生活の放送時、すごくハマって見ていました。一時期、どうなるのかな~とか考えてしまったけど。
パンフレットも買って読みましたが、杉崎さんは野菜ソムリエ、なすびさんはお菓子作りが得意というのに驚き!以外です。

 最後にメイさんのトイレの回数が多いと言う、杉崎さんからの苦情には笑えました。短い稽古だったのにも関わらず、大きな作品ではなかったのではないでしょうか。
自分が座ってみていた席、誰も来ない列に自分ひとりだけでした。中野さんの近くに座っていたので安心しました。
25日、作家仲間の内村宏幸さんも観劇したのですね。内村さんのブログに書いてありましたが、内村さんも朗読劇をやってみたいようです。
今度、内村さんと一緒にコンビを組んで朗読劇をやってみるのはいかがですか?
中野さん、次回の朗読劇も楽しみにしています。
コメント、長くなってスミマセン!

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 8月25日の断片 | Main | 8月27日の断片 »