« 6月14日の断片 | Main | 6月16日の断片 »

6月15日の断片

▽新聞などにも出ていたが、『本当は怖い家庭の医学』出演をキッカケに、山田邦子さんが乳ガンを発見。早期発見だったため大事に至らなかった。過去、一般人の方からも番組の警告によって病を早期発見し、命が助かったという報告は何度もあった。これだけでもこの番組が生まれた意味はあったとあらためて思う。午前中からそんな『家庭の医学』の会議。今一度、気を引き締めていかねば▽会議が早く終わり、久々にタワーレコードへ。ジャズの新譜をまとめ買い。そして西武でこれまた何年かぶりかにパンツもまとめ買い▽本日の最後はいよいよ尻に火がついた特番の会議。朝まで詰める覚悟で臨んだが、終わってみれば、26時。予想外に早く終わったので疲労感も少なく。帰宅して、仕事。気付くと朝4時半。時計を見た途端、ドッと疲れが押し寄せる▽たけしさんのインタビューもの新刊『生きる』を読了。神の御言葉を有り難く拝読。てか、このシリーズ、もう何冊目なのか。

« 6月14日の断片 | Main | 6月16日の断片 »

Comments

山田邦子さんが初期の乳ガンというニュースを聞いたときは本当にショックでたまりませんでした。「あんな元気な芸能人が何でがんになるの?」って不思議な気持ちでした。無事に元気になられたので安心しています。

 うちの職場の方が、今年1月に邦子さんと同じ初期の乳ガンと宣告され手術をしました。闘病中、かなり辛かったそうです。術後はかなり元気になり、毎日職場に出勤しています。自分も気をつけなければ・・・まだ、ガン検診を受けたことがないので。

 5年前に母が胃ガンになったときは、相当家族中、親戚中がショックで立ち直れなかった。手術をし、2ヶ月に及ぶ闘病生活を克服し、今は元気に働いています。でもまだ油断なんてできません。またいつどこで何があるかわからないからです。
でも邦子さんのインタビューを聞いて勇気付けらました。「前向きになって生きる」ということを。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 6月14日の断片 | Main | 6月16日の断片 »