« 4月22日の断片 | Main | 4月24日の断片 »

4月23日の断片

▽会議の待ち時間に読みかけの三部作を読もうと思ったが本が見当たらないので、バッグの中に入っていたよしもとばなな『なんくるなく、ない』を斜め読み。旅エッセイであるその文庫本には、沖縄の風光明媚な風景がふんだんに収められていて、それを見ながら、久しくこの景色を目の当たりにしてないなと思う。厄年に突入してからというもの、旅行に行く度に悪天候続きなのだ(その影響は海外にも及んでいて、昨年のニューヨークに行った時には雨続きだったし、一昨年は直接被害に遭わなかったものの、カトリーナが発生した)。本厄の去年なんか沖縄には二度行ったのだがいずれも豪雨。今年は後厄のせいか、雨こそ降らなくなったが、曇天。それも今にも雨が降り出しそうな重い曇り空なので気分は常に沈みがち。そんな状態が続いているからこそ、写真に写っている沖縄ならではの青空、澄み切った海が余計懐かしく思う。晴れてた沖縄を体験したのはもう五年も前か…。

« 4月22日の断片 | Main | 4月24日の断片 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 4月22日の断片 | Main | 4月24日の断片 »