« 10月8日の断片 | Main | 10月10日の断片 »

10月9日の断片

Dscf2284▽『The Tyree Glenn Quintet / Let's Have A Ball』。ジャズの初級段階はサックスやトランペット奏者に自分のスターを見つけ、その作品を聴いてるうちにサイドメンを覚え、徐々に聴く範囲を広げていくというのが常套のパターン。でもホーンセクションで一番ジャズらしいのは実はトロンボーンなんじゃないかと思っているのだ。勿論、ジャズを聴き始めた頃はその良さはよく判らなかったし、くぐもったキレの悪い音をむしろ嫌ってもいた。が、ジャズを聴き始めて20年強、歳をとった今は俄然、トロンボーンモノが好きになってきた。有名なトロンボーン奏者にJJジョンソン、カーティスフラー、ジャックティーガーデンなどがいるが、もしトロンボーンモノのジャズを聴いてみたいなら無名だがこのタイリーグレンを聴くことをお薦めする。理由はただひとつ。楽しいから。よく「ジャズを聴いてみたいんだけど、よく解らない」と言う人がいるが、解る必要はないのだ。聴いてみて、いいかよくないか、それだけ。良し悪しの違いは何か。ある人(忘れた)はその問いに「もう一度聴きたくなるかどうかだけ」と答えていて、その至極単純明快な答えに目から鱗だったが、そういった意味でこの一枚は何度も聴き返したくなる名盤▽知らない人も多いと思うが、実は昨日の『情熱大陸』に出演。会議で作家仲間の高須さんから「昨日、『情熱大陸』に出てたね」と言われ照れ臭かった。さすが見てる人は見てる。

« 10月8日の断片 | Main | 10月10日の断片 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 10月8日の断片 | Main | 10月10日の断片 »