« 9月8日の断片 | Main | 9月10日の断片 »

9月9日の断片

▽本多劇場で、作家仲間の鈴木おさむ君が作・演出を務めている『うす皮一枚』を観劇。芸能界、小劇場界共に、注目の人たちが出演していることもあって超満員。終演後、楽屋に挨拶に行くと、沢山の知人と遭遇。久々に松村邦洋君に会ったらテレビで見る以上に痩せてた。42キロ落としたらしい。すごいな、それ▽その後、すぐに移動して、新国立劇場にて『TAPMAN・PIANO MAN・MOVIE MAN』を観劇。タイトル通り、タップとピアノと映像を融合させたパフォーマンス。ドラムのように激しく打つ熊谷和徳のタップが圧巻。関係ないが、客層が独特。演劇を観る層とも違う、なんだかクラッシックのコンサートにいそうな感じの。あ、ピアニストの稲本響のファンか。カーテンコール後、アドリブっぽく客席の通路に現れ、演奏するという演出有り。駆け寄るファンのオバサンたちを見苦しいと思いつつも楽しく観た。

« 9月8日の断片 | Main | 9月10日の断片 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 9月8日の断片 | Main | 9月10日の断片 »