« 7月4日の断片 | Main | 7月6日の断片 »

7月5日の断片

『千年女優』を観た。伝説の女優へのインタビューをベースに、時空を越えたエピソードが再現されていく。最後の台詞はまさに「女優」らしい一言。その言葉はある意味、この映画のどんでん返しでもある。その一言があるのとないのとでは作品の意味合いが大きく違ってくる。凄みというか▽依然としてマイ韓国映画ブームは続いていて、本日はイ・ジョンヒャン監督『おばあちゃんの家』。おばあちゃん子だった自分としては、否応なしに自らの幼少時代を思い出す。すべてのおばあちゃん子だったオトナに▽本日発売の『TVブロス』に、「6人の放送作家と1人の千原ジュニア」の特集記事が。今月DVDが発売されるらしい。しかし、表紙に自分が写っているのは妙な気分だ。

« 7月4日の断片 | Main | 7月6日の断片 »

Comments

ふだんあまり表に出ない構成作家さんが見れて嬉しいですよ~。
また表紙になるのを楽しみにしていますよ~!

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 7月4日の断片 | Main | 7月6日の断片 »