« 7月12日の断片 | Main | 7月14日の断片 »

7月13日の断片

▽若手劇団員たちとの夏期ワークショップ。今期は「戯曲を読む」ことに。ちなみに、“FRIDAYが何曜日か知らない”加藤は舞台に携わる身でありながら「戯曲」の意味を知らなかった。愕然。「台本のことだよ」と教えてやると、「じゃあ、台本でいいじゃないですか」と半分逆ギレ。ところでこの加藤、英語ばかりか漢字も知らない。「猫」という漢字が書けないことが判明し、「それでも27歳かよ」とツッコむと、「日常生活で、猫っていう字、書くことないじゃないですか」とこれまた半分逆ギレ。「ひらがなさえ書ければ、日常生活はさほど困りませんよ」と主張する。「じゃあ、ちゃんと五十音書けるのか」と疑うと、「書けますよ!」と自信満々に答えるので書かせてみたら、「ら行」が抜けていた。しかも、縦書きなのに左から書き出している。恐るべし、加藤▽深夜、韓国映画好きな方からのメールを参考に、パクヨンフ監督『純愛中毒』鑑賞。これ、主役がイ・ビョンホンだしタイトルだけを見るとただのアイドル映画にしか思えず絶対観る気が起きないが、結果、観てよかった。詳細はネタバレになるので伏せるが、この結末にはやられた。いい客だな、俺▽後輩作家から衝撃の報告。今年、二番目に驚いた。といっても、一番驚いたのは何だったか忘れたが、もっと驚いたことがあったような気がするので、二番目。報告を聞き、我が人生を思う。

« 7月12日の断片 | Main | 7月14日の断片 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 7月12日の断片 | Main | 7月14日の断片 »