« 3月30日の断片 | Main | 4月1日の断片 »

3月31日の断片

▽先々週、某プロデューサーから「○日の○時から時間空いてる?」と聞かれ、てっきり特番の企画会議だと思ってスケジュールを空けていたら、今日電話があって、テレビ出演だということが判明。なんて乱暴なキャスティングなんだ。しかも、いつの間にかゲスト欄に名前が載ってるらしい。おいおいおい、マジかよ。てか、大丈夫か、オレ。「CSだから、かる〜くラジオ感覚で話して貰えばいいから」って、ラジオでも喋ったことねぇっつーの。ま、いっか▽紀伊國屋ホールで、鶴瓶さんの即興芝居『スジナシ』を観劇。水、木、金の三日間、日替わりシークレットゲストを迎えての上演。水曜日はイッセー尾形、木曜日は生瀬勝久だったらしい。で、今日は広末涼子。この『スジナシ』、タイトル通り、台本も設定もないところでスタッフの「OKです!」という声がかかるまでエチュード的にアドリブ芝居を続けなくてはいけないというルール。観客は一切笑ってはいけないし、拍手もしてはいけない。それが約20分続き、その後、今やった即興芝居をVTRで頭から振り返りながら、この時はああだったこうだったと裏の気持ちを解説トークするのだが、これが実に面白いのだ。悔しいくらい優れた企画。しかも、鶴瓶さんにしか出来ない舞台で終始、感心しっぱなし。特に即興芝居の完成度の高さには脱帽。広末のアドリブ能力の高さにも驚いた。まさか涙を流すクライマックスまでつくるとは。やはり、名のある人はそれなりに理由があるのだ▽意外な人からメール。この「断片」を読んだらしい。「ごはんのことを書いてないのが面白い」とか。読み方も人それぞれ。てか、何でそれが面白いのか。不思議。

« 3月30日の断片 | Main | 4月1日の断片 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59986/9366789

Listed below are links to weblogs that reference 3月31日の断片:

« 3月30日の断片 | Main | 4月1日の断片 »