« 7月30日の断片 | Main | 8月1日の断片 »

7月31日の断片

午後から劇団ミーティング。
来週の4日から劇団ユニット公演がスタート。
まだチケットは若干余ってるようなので是非。

ミーティング後、歌舞伎座へ。
蜷川幸雄演出『NINAGAWA十二夜』を観劇。
シェイクスピアの『十二夜』を日本に置き換えた歌舞伎。
歌舞伎に詳しい訳ではないが、以前観た「義経千本桜」との違いは歴然。
伝統と形式が厳然と存在してるからこそ、
そこからはみ出した演出が新鮮で、大詰めでは場内は爆笑の連続。
千秋楽ということもあって、最後に蜷川氏も揃ってのカーテンコール。
スタンディングオベーション。
蜷川氏は今年70歳らしいが、すごい70歳。
考えてみたら、うちのオヤジと同い年だ。
その歳で現役バリバリの演出家というのが信じられない。

にしても、歌舞伎は長い。
途中幕間の休憩はあったものの、
四時半開演で、幕が下りたのが九時過ぎ。
さすがに疲れた。

« 7月30日の断片 | Main | 8月1日の断片 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59986/5258600

Listed below are links to weblogs that reference 7月31日の断片:

« 7月30日の断片 | Main | 8月1日の断片 »