« 6月7日の断片 | Main | 6月9日の断片 »

6月8日の断片

朝型に切り替えねばと思い、8時に起床。
と言っても、急ぎの仕事もなく、読書。
で、二度寝。目が覚めたら、会議の開始時刻間際。

午後から定例会議。二週間ぶりに行ったら、
新しいスタッフが増えてた。
で、夕方から次の会議。
いつもなら、19時からなのに今日に限って、
急遽、「スタッフの都合で」と時間が繰り上がった。
芝居前、休んでいたこともあり、その時間に入っていた
別の打ち合わせの時間を調整して出席したのだが、
会議が終わって、スタッフの会話から、
開始時間変更が今日のサッカー観戦のためだと判明。
「………。」という気分になる。
ま、おかげで、三日連続で早く体が空くことになったから、
いいんだけど。それにしてもそんなにサッカーが見たいのか。

早めに仕事が終わったので、
六本木ヒルズに映画を観に行く。
館内はおそらくサッカーがあるせいだろう、ガラガラ。

05

たった十数人の観客の中、
クリントイーストウッド監督『ミリオンダラーベイビー』を観る。
巧いなぁ、このじいさん。七十歳過ぎてるってのに。
ネタバレになるので詳細は書かないが、ツボを押さえた作品。
ホラ、泣けるでしょ?ってな感じ。細かい設定や台詞、登場人物のキャラ
など、すべてがラストシーンに向けて仕掛けられた装置。
しかも、このテーマ、そりゃあ、アカデミー賞も獲るっつーの。

映画が終わり、帰ろうとしたら、男に肩を抱かれて号泣しながら映画館を
出て行く女の姿が。そんなに号泣しなくても。見るからにアピール泣き。
アピール笑いも大嫌いだが、アピール泣きはもっと嫌いだ。
最後の最後に、いやなものを見た。
階段を降りていく背中を後ろから蹴ってやろうと思った。
蹴りたい背中。綿矢りさ。

そして、久しぶりに青山ブックセンターへ。
先月やった対談が採録されている『クイックジャパン』を発見。
一ヶ月しか経ってないのにもう出ているってことは、
かなりギリギリの対談だったのか。
高須さん曰く、ここから実現化する番組があるんだとか。
全テレビ局に向けた間接的な企画書提出。凄いな、それ。
毎月刊行されてる『志ん生復活!落語大全集』など、
雑誌や小説などをまとめ買いして、帰宅。

富山県の教育企画課から、原稿の校正チェックの依頼FAX。
県内の小学校から高校まで配られると思うと嬉しい。
それにしても、ノーベル賞の田中さんやあの藤子不二雄氏と、
同じ本に載るなんて笑うなぁ。

« 6月7日の断片 | Main | 6月9日の断片 »

Comments

ヘアメイク市瀬です。
先日はお疲れ様でした&お世話になりました
初めてブログ拝見させて頂きました。

中野さんとはたくさんお話したことはありませんが、年に2回お会いするイメージとブログの感じが何だか違うのでますます中野さんて???・?・・・・?
と勝手に想像がふくらんでしまいました

また11月よろしくお願い致します。

いちこ

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59986/4476906

Listed below are links to weblogs that reference 6月8日の断片:

« 6月7日の断片 | Main | 6月9日の断片 »