« 1月19日の断片 | Main | 1月21日の断片 »

1月20日の断片

ハッとして目を覚まし、机に置いてあった腕時計を見ると10時半。
11時から会議だったので、「体内時計って不思議だよなぁ」と思いながら、
シャワーを浴びようと風呂に向かう途中、リビングの壁掛け時計を見て驚いた。
11時。寝室からリビングに出ただけで、30分も経ってる訳はなく、
念のため携帯の時刻を確認すると、やはり11時。腕時計が止まっていたのだ。
紛らわしい時刻で止まりやがって。
所有している腕時計は全部、自動巻か手巻きなので、
腕からハズしたら、信用してはいけない。まるで、○○みたいだ。

慌てて、家を出て10分後にはもう到着。会議もまだ始まっておらず、
家の近所の制作会社は、これだから助かる。
全部の番組がここで会議をやってくれたら、どんなに楽か。

会議を2本済ませ、
三軒茶屋のシアタートラムにて、
遊園地再生事業団『トーキョー/不在/ハムレット』を観劇。
宮沢さんの舞台を観始めてもう15、6年が経つ。前進し続ける姿勢には頭が下がる。
自分なりにやはり新しいことをやっていかないと、行き詰まるし、
何よりも自分自身が楽しめなくなる。そもそも出発点はそこだったはずだ。
そして今回の作品は、リーディング、映画上映など、準備的な公演を繰り返しながら、
一年かけて創られたもの。一年かけてひとつの舞台をつくるというのがまずスゴイ。
先に出版された『不在』という小説も読んでいたので、また違った見方も出来た。
とにかく、いろんなことを考え続けた2時間40分。
それだからこそ、とても体力が必要。そんな舞台は、そうはない。
だからといって、毎回、その手のものばかり観る気力もないんだけど。
『カンフーハッスル』から『トーキョー/不在/ハムレット』まで、
楽しめるものの振り幅が大きければ大きいほど、自分としては理想的。

fuzai

観劇後、旧い知人たちと軽くご飯。
数年ぶりに会ったが、映画で顔を見ているので、さほど久しぶり感もなく。
連絡した時に、ちょうど、この「断片」を読んでいたらしく、
会って早々、「本当に式場押さえて下さいよ、面白いから」と言われる。
そう言われると、ホントにその気になるからまずい。

深夜3時、帰宅。

« 1月19日の断片 | Main | 1月21日の断片 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59986/2646846

Listed below are links to weblogs that reference 1月20日の断片:

« 1月19日の断片 | Main | 1月21日の断片 »