« 1月14日の断片 | Main | 1月16日の断片 »

1月15日の断片

番組スタッフと共に、リサーチ旅行。
“リサーチ旅行”というのも妙な旅行だが、
要は、ある特番のための下調べ。
朝8時半、重松清『流星ワゴン』でも登場したオデッセイで出発。
プロデューサー、演出陣、合わせて7名。
そんな大勢で下調べするなんて、さぞかし大掛かりな番組みたいだが、
実は、その後で立ち寄る箱根の温泉が一番の目的。
いわば、出陣式も兼ねた慰安旅行だ。

昼過ぎに、目的の施設に到着。
温泉が目的だとしても、ちょっとは番組づくりのヒントになるものが
あるかもしれないと思っていたが、大きく期待はずれ。
わざわざ静岡まで来たのに、という虚無感。
これが、たまらなく楽しい。
というわけで、あっと言う間に、“下調べ”終了。
そして、箱根へ。
天気予報を聞いて、予測はしていたが、物凄い雪。
温泉というより、スキー場に向かっている気分。
しかし、徐々に温泉が近づくにつれ、気分は高揚。
30代の男でぎゅうぎゅう詰めの車内はまるで修学旅行状態。

夕方、箱根は仙石原温泉はみたけという老舗旅館に到着。

050115a

他のスタッフたちは、着いて早々、温泉に入る中、
ひとり、部屋に居残り、急発注の宿題をせっせと仕上げる。
が、メールを送ろうとした段階で、PHSの電波が繋がらないことが発覚。
しょうがないので、パソコンで書いたものをレポート用紙に手書きでリライト。
手書きをワープロにすることはあるが、その逆はとてつもなく腹立たしい気分になる。
ようやく書き写し、旅館のフロントからFAXし、やっと風呂に入る。
仙石原は、箱根で唯一、白濁温泉。
独特な匂いのなか、誰もいない大浴場という名の小ぶりの風呂で、
ゆっくりと冷えた体を温める。

mitake

夕食後、部屋に戻り、みんなで、「参考映像」を見ながら、
雑談レベルで方向性を探る。予想外に有意義な時間。
が、酒が入っているということもあって、総合演出は爆睡。それには笑った。

その後、みんなで布団の上で、トランプ大会。
「大貧民」、そして、「ババ抜き」。まるで中学生の修学旅行。
危うく、「神経衰弱」や「7並べ」までしそうになった。

050115b

深夜0時、一応、解散。
睡眠不足だったこともあって、すぐに就寝。

« 1月14日の断片 | Main | 1月16日の断片 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59986/2606826

Listed below are links to weblogs that reference 1月15日の断片:

« 1月14日の断片 | Main | 1月16日の断片 »